2016年3月19日土曜日

グロープラグ ヒーター設計 (MC34063バージョン)

一度挫折したグロープラグヒーターですが、DC-DCチップを使用してテスト回路作ってみました。今度はプラグが凸入電流で切れることもなくちゃんと動いています。1.25Vでプラグもしっかり赤くなってるし。

でも、思いの外MOSFETが熱くなります。1.25V x 3Aで4W程度ですからしかたないのかな?発熱はFETがONの時のFETを流れる電流xRds(on)とスイッチング時に発生します。とりあえずスイッチングの回路の見直しです。
 
テスト回路を改造するまえにProteus8を使ってシミュレーション。


オリジナルの回路とスイッチング信号 (FETのドライブ回路が手抜きで抵抗だけ)



改良版の回路とスイッチング信号 (FETのゲートの電荷抜きのためにPNPトランジスタを実装)


こっちの方が綺麗な波形です。 発熱はどうでしょう?さっそくテスト基盤のハンダ付け・・・