2012年3月12日月曜日

GASエンジンプラグ

週末のプロペラ始動で腱鞘炎ぎみです。
さて、最近のガソリンエンジンは4種類のプラグがでまわっているので整理してみましょう。


左から
①1/4 x 32 spark plug (NGK ME8) ねじ径 1/4インチ=6mm強 とても小型です。フロリダから送られてきたテストユニットにはこれが付いてました。どのエンジンで使われてるのかな?

②NGK CM6 plug ねじ径10mm よく出回っているDLEなどがこのタイプです。

③NGK BPMR6F plug ねじ径14mm でブーツキャップの入る六角部分は16mm。今使ってるMLD-28がこのプラグです。 (CHMP-RDJ7Y)

④NGK BPMR6A plug  ねじ径14mm でブーツキャップの入る六角部分は19mm。一般的な芝刈り機などのプラグです。FUJI IMVAC BT-24/34がこれを使用しています。(CHMP-RCJ6Y)



また、最近はプラグのねじ径の違う物を取り付けできるようなアダプターもあります。

①14mm to 10mm adapter
②14mm to 1/4 32 adapter
③10mm to 1/4 32 adapter
  
今週調子が悪いMELODYのCDIの話をフロリダにいるイグニション会社(CH Ignition)にメールしたら14mmのプラグは調子悪いから10mmのCM-6にした方が良いと言われました。(OS GT33もCM-6です。)

今、タイマーボード(進角制御基板)とコイルを使った高圧回路はこちらに届いているので、専用の箱と14mm→10mm変換アダプター、CM-6を送るから自分で作ったソフトを入れてテストしたらと言われました。自分で作った進角制御のソフトで飛ばすなんて怖いですよね~ せいぜい、地上でのテストくらいかな? 
 

0 件のコメント: