2010年12月3日金曜日

Futaba データパック製作 (完成)

今晩やっと1個完成しました。最初は半田ブリッジがあって、初期化や書き込みがうまくいってなかったけど、ブリッジを直したら、OKとなりました。私の持っているアメリカで購入した「T9CAP Super」に取り付けたところ24機が追加されて、トータル36機分のデータが保存できるようになりました!

それにしても一番簡単だと思っていた半田付けに苦労しました。半田コテも新しい温度制御付きのものというのもあるけど、なんといっても老眼!本当に見えないです。数年前までは0.5mmピッチの表面実装のチップの半田付けできていたのに・・・半田面きたなくて恥ずかしいです。初号機は依頼のあったMさんにあげようと思ったけど、週末残りの5個作ってからにしようかな?

部品面。マイクロコントローラとシリアルEEPROM、それにジャンパーだけ。
汚くて恥ずかしい半田面です。青いのは20MHzセルロック。(発振器)
心配してたけど、ちゃんと収まりました。まだ基盤が長いので穴と面です。4mm程度カットしないと。
新しくカードをさして電源入れると、24モデルの初期化の画面が!
初期化後のモデル画面。これは書き込みがおかしいときで機種名が←←ヘリコプターとなっていますが、正常の時はMODEL-36飛行機となっています。

0 件のコメント: