2011年12月6日火曜日

18F2550のクロック設定 備忘録

製作するボードには20MHzのリゾネータ(ジャイロで有名なmurata製作所製)を使用。コンデンサ不要なので回路もすっきり。 PIC18でUSBを使う場合にはUSBクロック48MHzを生成する必要があるため、4MHzの倍数の周波数しか使えません。

4MHzを使うときはPLLDIV=1(FOSC = XTPLL_XTも必要かな)としてやると、PLLの入力が4MHzって、PLLで96MHzにして、それを1/2にしてUSBクロックとして使用します。

  #pragma config PLLDIV   = 5                 // (20 MHz crystal)
  #pragma config CPUDIV   = OSC1_PLL2     // CPU clock 48MHz  
  #pragma config USBDIV   = 2                // USB Clock source from 96MHz PLL/2
  #pragma config FOSC     = HSPLL_HS




0 件のコメント: